7/20と8/1は土用の丑の日ですが、「土用の丑の日」って何?

2018年7月20日

夏になると、「土用の丑の日」がスーパーなどで目立ち始めますよね。

2018年は7/20と8/1が「土用の丑の日」になります。

今では「うなぎを食べる日」というイメージですが、

そもそも「土用の丑の日」とはなんだ?という事で調べてみました!

 

 

土用って、春夏秋冬の年4回ありますよ!

立春・立夏・立秋・立冬の直前18日間のことを指すようです。

 

夏だけだと思ってたので、びっくりです(゚д゚)!

 

で、その期間に迎える丑の日を「土用の丑の日」と呼ぶのです。

 

ではなぜ、ウナギを食べるのか?

諸説いろいろあるようですが、一番有名なのが、平賀源内の説です。

 

うなぎ屋から、「夏はウナギが売れないので困った」と相談を受けた平賀源内が

“丑の日にちなんで「う」から始まる食べ物を食べると夏負けしない”という風習にちなんで

うなぎ屋に「[本日、丑の日]と張り紙を貼りなさい」アドバイスをしたところ、

そのうなぎ屋は大繁盛した。との話ですよ。

 

[本日、丑の日]とだけの張り紙。

張り紙を見た人が「なんだろう?」と思い、店に入り

店主がうまいこと話をして、それが話題となり、

その後、他のうなぎ屋も真似るようになって「土用の丑の日」が定着したそうです。

 

 

ウナギの栄養価は高く、夏バテや食欲減退防止に効果が期待できますが、

食が豊富な今の日本ではそうでもないようです。

そもそもウナギの旬は冬ですしね(;’∀’)

それでも、現代にまで続いているということは、すごいキャッチコピーですよね。

PAGE TOP