似ているから、そんな名前

2019年6月30日

今日の魚は

ニギスです!

キス(シロギス)に似ているから“似ギス”

でもまったくの別系統の魚なんです。

このあたりでは沖ギスと呼ばれています。

主にすり身として使われてます。

が!

この日のニギスは脂のりが大変よく、おすすめの一品!

しかも身が柔らかく手でさばけるくらいです!

加工品にはもったいない!鮮度が良ければ刺身にしてもOK!

脂があるので焼いてもいいし、

身が柔らかいので、揚げてふんわり身の天ぷらも良いですね(^▽^)

大きいものは干物にしても良し!

小さいサイズのものはすり身にしちゃいましょう!

骨ごとすりつぶしちゃえば、いい出汁がでて美味しいですよ。

 

なかなかこのあたりではまとまって揚がらない魚です

しかも、海の深いところに住んでいるので、

底曳漁でないと獲れない魚です。

そう、明日から7月

7・8月の2か月間、庄内浜は底曳漁が禁漁となります。

底曳漁ができないとなると獲れる量がずいぶん減ります

他の漁法もあるので、鮮魚がまったく獲れないわけではないのですが、

地物のものはどうしても値が上がってしまいます。

代わりに7・8月の地物のものというと貝類・海藻類が増えますね。

↓↓↓↓

庄内の夏といえば、岩ガキ!

この時期にしか食べれないものなので、

さかた海鮮市場にお越しの際には、ぜひ天然の岩ガキ食べてくださいね。

剥きたてを1F 菅原鮮魚で販売してますよ!

お食事と一緒にゆっくり味わいたい方は

1F喰居来居や和ん・2F海鮮どんやとびしまでも食べれますよ(^^)/

 

 

PAGE TOP