🐙マダコとミズダコ🐙

2017年10月21日

タコといえば「真蛸(マダコ)」のことを指します。

食用となるタコはほとんどが「マダコ」の仲間で

このあたりで代表として挙げれるのは

「マダコ」「ミズダコ」「イイダコ」があります。

 

左がミズダコ(足のみ)、右がマダコ

 

マダコは日本海側ではあまり揚がりません。

近年、全国的にも漁獲量が少なくなっているようです。

大きさも、大きいもので60㎝くらい。

味は「ミズダコ」より「マダコ」の方がいいと言われています。

が、なかなか揚がることがないそうです。

今回珍しく揚がっていたので📷

入荷した午前中に撮りましたが、

叩いたりして少し刺激を与えると表面の色が白→黒でグラデーションに変化するんです!

写真ではうまく撮れなかったのですが、活きがいいともっとはっきり見えるんですって

 

ミズダコという名前はあまり耳慣れしていないかと思いますが、

流通量はマダコよりミズダコの方が多いのです。

大きさ3~4mまで育ち、大きいものだと9mにもなるとか( ゚Д゚)

大ダコともいわれる所以です。

マダコより水っぽいと評価は低かったのですが、食べ方の多様化もあり、

水分が多いので茹でてもマダコ程硬くならないと人気が高まっています。

また、ミズダコの下処理も面白いんですよ

↓こんな風にうまい事ひっぱるとキレイに剥けるそうです。

ほとんどが足だけ流通してますので、歩留まりもいいので人気が高いんです

ミズダコは見た目に透明感があるものを選ぶといいですよ

 

 

 

 

 

PAGE TOP