魚種は多い日本海🌊

2017年6月29日

明日で6月も終わり、7月夏本番ですね

7月からは底引き禁漁となりますので、お魚の漁も減ってしまいますが、

他の漁法は運航してますし、貝類も種類豊富ですよ

さて、そんな6月末にご紹介する魚は

マハタ(上)とキジハタ(下)

キジハタは夏に出てくる魚です

あまりスーパーなどでは並んでいないので、模様に(; ・`д・´)エッ?って思いませんか?

雉の模様に似ているので、「キジハタ」なんですって、

関西の「アコウ」という呼び名の方が有名なようですが、庄内浜でも揚がるんですよ

上のマハタ、こちらは主に南の方で揚がる魚で、庄内ではあまり見ないのですが、

最近は飛島で揚がっているらしい

こちらのアマダイは、これから「甘鯛縄」と言って専門の漁が始まるそうです

クロムツとアカムツ

アカムツは高級魚として有名ですよね

クロムツはこのあたりでは水揚げが少ないので貴重なお魚

せっかくなので、並べて撮らせてもらいました。

横からみるとどちらも肥えてて美味しそうですよ😋

上はアイナメです。

下の魚、なんだかわかりますか?

↓こうなるとピンとくる方もいるのでは

ホッケです

馴染み深い魚なんですが、あまり外見をじっくり見ることのない魚ではないですか?

こんな顔ですよ

 

 

さて、夏の庄内浜と言えば、イカ!夏イカですよね

昨年はイカが不漁で、今年もまだまだ(ー”ー)という感じです

揚がってはいるんですよ

で、下の写真

同じ日に入荷したものですが、色が違います

イカは色で鮮度が分かるといいますが、漁法でも違ってきますよ

やはり、底引き網漁よりは釣り物のほうが、キズも少なく、鮮度がいいです。

そのあたりでも値段が変わってきますので確認してみてくださいね

イカの鮮度のお話はこちらも参考にしてみてください→漁の違いでずいぶんかわる

PAGE TOP