青くはないのに「アオハタ」

2018年5月14日

青くない

でも「アオハタ」が標準和名のお魚

地域によっては「キハタ」「キアコウ」「キカナ」と呼ばれていて、

そちらの方が馴染みがあるのでは?

 

同じハタ科の「キジハタ」と並べるとこんな感じに

 

 

 

アオハタの方は縞模様が目立ちますが。

顔の方をよく見ると、キジハタと似たような模様が

南の方ではキジハタを「アコウ」と呼びます。

その「アコウ」に似ているからなのか、

アオハタは「キアコウ」とも呼ばれているようです。

 

主に九州・山陰・北陸では入荷量が多いようですが、

アオハタは足が早い魚なので、

このあたりではあまり見かけることはないです。

今日は某料理屋さんが買ってくれたので、

もしかしたらお目にかかれるかもしれませんよ(*´艸`*)

 

刺身にすれば、甘みがあっていい味、

アラからも良いダシがでるとの評価もあります。

 

 

 

 

PAGE TOP