ヒョウ柄とボーダー

2016年10月12日

最近、珍魚を集めるようになってきました

今日の魚のご紹介

img_1740

ヒョウ柄と縞々

 

ヒョウ柄は“イシガキ鯛”

img_1720

このあたりで揚がるのは、すごく珍しいんです

主に南の方にいる魚ですので、やはり温暖化の影響なのでしょうか?

イシガキ鯛の名前の由来は

模様が石垣のようにみえるからですって

ヒョウ柄ではないんですね(^^;)

石垣鯛の主食は貝やエビ・カニの甲殻類、サンゴなど。丈夫な歯でかみ砕いて食べます

img_1723

実はシガテラ毒で中毒事件を起こしたことで有名なんですって

貝を主食にしているので、貝に含まれる毒素が蓄積されるのでしょうか?

2.0㎏を超える大きいものは毒に注意したいところです。

 

背びれにも注意が必要!

img_1734

立派なトゲ!

太くて丈夫なトゲ

なんと、、、

img_1733 img_1732

 

発泡スチロールに刺さります!

でしっかり固定できます!!

※魚で遊んではいけません

しかも

img_1735

 

お腹のほうにもトゲがあります!!

なので、扱いには十分気を付けましょう

 

 

 

 

 

縞々の魚は“石鯛”です

img_1600

このあたりでは“タカバ”と呼んでいます。

旬は春から夏。

庄内浜でもけっこう揚がっています

こちらの魚も強靭な歯で貝や甲殻類をかみ砕いて食べます

“石をもかみ砕く歯を持つ魚”ということで“石鯛”と名前がついているそうですよ

img_1603

img_1743

模様が違うだけで似たような魚

 

大きくなると

石垣鯛は模様がなくなり、体は黒一色、口の周りだけが白くなるので“クチジロ”

石鯛は体は白っぽくなり、口の周りが黒くなるので“クロクチ”と呼ばれるんですって

 

両方とも磯釣りで人気の魚です

 

PAGE TOP