カマキリという名前の魚

2017年11月29日

カマキリという名前がついてるこの魚

昆虫のカマキリと間違ってしまうため

アユカケと言う方が馴染みがあるようです。

カジカに属する魚で川に生息してますが、海へ下る「降河回遊」する魚です。

 

カマキリの由来はわかりませんが、

アユカケという名前は

エラ蓋のところにあるトゲ(赤丸のところ)で鮎を掛けて捕えるから…

といわれてますが、見たことはないそうです。

 

鮎の捕獲シーンが有名な漫画に描かれてましたよ。

こんな風なのかなぁ(*´Д`)と思うのも

そんな名前の由来も面白いですね

トゲの位置からすると、とっても食べづらそうですがね(^▽^;)

 

秋田より南の日本海と神奈川県で獲れるようですが、

こちらでは、揚がれば「アユカケだ(゚Д゚)」と珍しがるくらいです。

 

福井ではガコ、金沢ではゴリという名前で呼ばれて

なんだかゴツゴツした感じですが、

『霰魚(アラレガコ)』や『ゴリ料理』などと呼んで

珍重・高級料理とされてます。

 

やけに愛嬌のある顔ですよね(;・∀・)

 

PAGE TOP